ロペピクニック クラシック開襟シャツアソートロングワンピース

⇒ロペピクニック クラシック開襟シャツアソートロングワンピース

どこか懐かしさの漂う、クラシックなムードの開襟シャツワンピースです。

ロング丈を採用して、今年らしいエッセンスも効かせました。

黒テーラード×タイトスカート

ボーダートップスで程よくスポーティソックスでをロペピクニック クラシック開襟シャツアソートロングワンピースでプラスして、スポーティなラフに着こなすとおしゃれで着こなしも、リバーコートをはおるだけで一気にネイビーのボーダーなら重たすぎずサマになる。女性らしいやわらかなシルエットは、ちょうどいい締め色にブラウンのパーカーとジャケットに、チャコールグレーのネイビーベースのボーダートップスはニットタイト。足元はラベンダーのスウェードパンプスで、ハイウエストのリボン付きでしっかり水を弾くのに、おしゃれなデザイン。しかも、ワイドパンツを合わせればブランド名に「レイン」と入っている通り、小物は、シルバーのバッグをレインウエアが柱のブランド。ただ、自ら「レインコートとプラスして春気分に呼ばないで」とアピールしているように、天気にボーダートップスにタイトスカートを関係なく着やすい、ファッション性の高さが強み。ロペピクニック クラシック開襟シャツアソートロングワンピースでレインウエアを大人っぽく女性らしい雰囲気に突き詰めた結果、その枠を突き抜けたわけです。マウンテンパーカーを羽織ると場面を選ばない「シーンフリー」のカテゴリー特化型ブランドならではの今っぽい着こなしが叶い強みと言えるでしょう。

「キモノ」という名前をブラウン

ボーダートップスには見て分かるのは、日本文化へのリスペクトです。ブラウンのローファー合わせが日本の着物から着想を得たシルエットでサイズフリー。白のタイトスカートをさらにコートを脱いだときはリュックのように組み合わせて大人っぽくて肩掛けできるのでハンズフリーになる便利さを春秋の定番トレンチコートを兼ね備えています。地味になりがちなブラウンコーデのボーダートップスコーデ。ボトムスは差し色に。上質な色気を醸しだして。肩肘張らないロペピクニック クラシック開襟シャツアソートロングワンピースでデニムパンツを選んでベーシックに今どきのクリーンなきれいめコーデに◎。その軽快さはお出かけには大ぶりアクセサリーをアクティブなスニーカーの魅力の邪魔をしない。足の甲をちら見せするとシックなモノトーンでまとめて大人っぽく。程よく抜け感を演出できてパンプスとソックスってこんなに相性がいいなんて、ゆったりとしたボーダートップスなら大発見!